DESIGNESS

Art Direction

Ishidori Matsuri – 桑名石取祭

国重要無形民族文化財の桑名石取祭の保存会である桑名石取祭保存会のブランディングデザイン。桑名石取祭を広く国内外に知ってもらえるように、「伝統(歴史)」「普遍(永劫)」「斬新(奇祭)」というキーワードを軸に、地域ブランディングとしてのロゴマークやシンボルカラーの策定、ポスター制作も行っている。

男らしさ、祭りらしさが強調される書体、写真が既に決まっており、そこをどうレイアウトするといったレギュレーションのなか、逆に綺麗に上品なレイアウトを心掛けたことで、幅広い層に向けて知ってもらうデザインとしている。

桑名石取祭保存会のロゴマークは、桑名石取祭を未来永劫に伝承していく一つの「顔」である。より多くの皆さんに知ってもらうためにも、一つのイメージを共有化することで、地元の皆さんはもちろん、多くの皆さんに広めっていきたい、そんな想いを象徴する証。モチーフは象徴でもある豪華絢爛な山車とした。山車の形状の末広がりは、桑名石取祭を未来へと伝承していく想いを意図している。

3-14_01 3-14_02 3-14_03 3-14_04 3-14_05 3-14_06 3-14_07