DESIGNESS

Brand

What does your Brand must have?

ブランドをどうやって価値ある「モノ」更には「コト」に確立させるかについて、まず戦略を練らなければなりません。戦略を実行するには、伝える側すなわちブランドの企業内や組織内における意思の疎通を図っておかなければなりません。ブランディングは、一般的な中長期的な経営戦略と大きく異なる最も重要なことがあります。

「ゴールを目指す」ということです。経営戦略やマーケティング戦略において、まず現状課題を明確にするのに対して、ブランディング戦略においては、アイデンティティとコンセプトを中心としたゴールを掲げて進行していきます。そのゴールは言語化されたテキストではなく、より具体的なビジュアルの方が伝わりやすいです。それこそが「ブランディングデザイン」となってきます。まずは、ブランディングを実行するために重要な点が3つのポイントを挙げます。

1.アイデンティティ

Share of identity

「ブランディング」は、アイデンティティを共有することです。ブランドである伝える側と、顧客や社会といった伝わる側とが同じ認識でブランドを共有できることです。例えば、あるひとつの象徴的なロゴマークや、ある特徴的なガラスの瓶を触って感じたり、あるテーマパークでポップコーンの独特の匂いがするなど、各々のブランドイメージを感じることが出来るのであれば、それはアイデンティティの共有が出来ていると言えます。デザイナーと企業や商品・サービスによるブランドが、顧客や社会などの人々に存在意義を認められ心理的な繋がり、絆を保ち続けることこそがブランドの証でもあり、強いブランドとなります。

2.コンセプト

Clear of the concept

「ブランディング」は、コンセプトを明確にすることです。一般的に企業や組織には幾つかのスローガンや目標があります。「売上達成」「お客様満足の獲得」「利益率の向上」「経費削減の強化」など。しかし、これらは汎用的な基準であり、あまりに一般的すぎて、具体的な行動の基準にはなかなか繋がりません。そこで、必要とするのがブランディング。魅力を分かり易く伝えるメッセージ、製品やサービスを魅力的に見せるビジュアル、ブランドのタッチポイントを向上させるガイドラインが必要になります。そのための道しるべとなるものがコンセプトです。ブランドは、他には無い特徴が差異化されていること(オンリーワン)と最も良いところが象徴化されていること(ベストワン)という2つが絶対的な必要条件です。このオンリーワンとベストワンを照らし合わせて、ひとつの突破口のような軸が見えてきたら、それこそまさにコンセプトです。ブランディング戦略にあたっては、持続的なマネジメントが必要となってきます。もちろん、ブランドの構築や展開にも必要となってくるのがコンセプトであり、これがひとつのブランドの指標となります。

3.中長期視点

The medium and long term perspective

「ブランディング」は、中長期視点のアプローチをすることです。短期的な視点の「セリング」になってしまうと、「ブランドマネジメント」が全くできていない状況となってしまうことが非常に多いです。ちなみに「ブランディング」と近似している定義で、「ブランドマーケティング」がありますが、「ブランディング」と異なる点が、時間軸です。「ブランドマーケティング」だと短期的かつ中長期的といった全てを表す概念であり、どちらかというと「ハードマーケティング」です。一方、「ブランディング」は中長期の長いスパンを要するもので、日本古来からある「しきたり」や「伝統」に近い意味合いがあり、日本人が得意としてきた「ソフトマーケティング」の方法なのです。中長期視点でブランドを見るということは、管理する、すなわち「ブランドマネジメント」が極めて重要になってきます。組織や人材、品質、更には知的財産までもきちんと管理できるかということが、中長期にわたるアプローチには欠かせません。日本人のもつ持久力を中長期な視点に活かすということによって、本来のDNAがもつ力を発揮でき、ブランドの深みがあればあるほど顧客の信頼度も高くなります。